トップページ > 福島県 > いわき市

    このページではいわき市の分譲マンションの査定におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「いわき市にある分譲マンションの査定額を比較できるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    分譲マンションの査定をお願いしてあなたが所有しているマンションを高く売るために大切なことは、「いわき市対応の複数の不動産会社に分譲マンションの査定の依頼をして、その査定額を比較する」ということです。
    手間や時間がかかるからといって、1社のみに査定の依頼をしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、不動産業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    一方で、不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいシンプルですし、いわき市に対応している複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができます。あなたが所有している分譲マンションを高く売りたいと思っているなら賢く活用したいサイトです。
    分譲マンションの査定から売却というのは人生の大きなイベントなので、いわき市にある分譲マンションを損しないように高く売却して、そのお金を今後の生活で有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるように分譲マンション専門のマンション売却の一括査定サービス。
    分譲マンションを査定する為に必要な入力も最短45秒で済みますし、ネットで一括査定の申し込みが出来ます。

    分譲マンション査定を専門的に取り扱っているので、マンションの売却に強い会社が参加しており、大手や地場の不動産会社を含む全国の2500店舗の中から最も適した不動産会社を最大9社紹介してもらえます。
    年間利用者数も360万人を突破していて、テレビや各種メディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「今所有している分譲マンションを可能な限り高く売りたい」と思っている場合は試してみて欲しいサイトです。

    また、他の査定サイトとの違いとして賃貸査定にも対応しているので、「長期間地方で生活するんだけど、将来的には帰ってくるのでマンションを売却するのはちょっと…」と思っている場合にもおすすめしたいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトと比べてみるとわりと新しいサービスなのですが、加盟している不動産会社は全国1400社以上というところが大きな特徴です。
    また、実際に使った利用者の方からクレームが多い不動産会社はイエウールから契約解除が出来るようになっているので、評判の悪い企業を排除することが出来、評価の高い不動産会社だけを残していけるシステムになっています。

    国内大手の不動産会社から地域に根付いた不動産会社まで幅広く加入しているので、「自分が所有している分譲マンションを少しでも高く売りたい…」と考えているのならおすすめしたい一括査定サイトです。

    入力も60秒ほどで査定依頼ができるほど簡単になっていて、最大6社までを選択し分譲マンションの査定価格を比べることができます。もちろん、全国に対応しており利用は無料です。とても画期的なサービスなので、これからさらにユーザーが増えていくと思われます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上の運営実績があり、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。
    長年の業績がある為、参加している不動産会社数も1000社以上!最大6社に分譲マンションの査定依頼ができ、査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。数年にわたる不動産売却で培われたネットワークを活かし、選ばれた高評価の不動産会社のみを登録しています。主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社からの査定価格も比べられるので分譲マンションの査定相場を知るためにも活用したいサイトです。

    公式ホームページでは実際に分譲マンションの売却で高く売ることができた利用者の声と査定金額も公開されていますので是非ご覧になってみてください。






    リビンマッチ

     リビンマッチは、サービスを開始してから12年運営されている実績のある不動産の査定サービスサイト。
    個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得している企業なので安心して利用できます。

    利用者数は既に440万人を超えており、参加している1400社以上の不動産会社の中から最大6社に分譲マンションの査定を依頼することができます。
    「分譲マンションの売却は各不動産会社で数百万円の差が出るって聞いたから損をするのは避けたい」と考えているのであれば、1社だけで済まさず数多くの不動産会社に分譲マンションの査定を依頼することができる一括査定サービスを活用してください。

    公式サイトでは45秒ほどの簡単入力で複数の不動産会社から提示される分譲マンションの査定額を比較できるのでおすすめです。
    リビンマッチを利用して不動産会社と契約したのちには、電話取材に対応すると5千円分のギフトカードが貰えるキャンペーンも実施されています。






    スモーラ

     スモーラは、全国にある分譲マンションや一戸建て、土地の相場がすぐに調べられる分譲マンション売却の一括査定サイト。
    分譲マンションの今の売出価格を過去の膨大な事例から特別な計算方法で割り出します。

    提携している不動産業者は日本全国から評判のいい2500店舗を厳選し、最大9社(売買6社と賃貸3社)から分譲マンションの査定価格を提示してもらえます。当然、地方にも対応していて利用料は完全無料。

    分譲マンションの無料査定を申し込む方法もシンプルで、査定をお願いしたい分譲マンションの情報と連絡先を入力するだけの45秒簡単査定なので、「生活スタイルが変わって分譲マンションの売却を検討してるけど、どの不動産会社がいいのか正直分からない…」と感じているならぜひ使ってみてください。
    スモーラ(smoola)の公式サイトでは、実際に分譲マンションの売却に成功した「この金額で売れました!」という事例が掲載されていますので、軽く確認してみてはいかがでしょうか。






    不動産売却コラム

    住宅を売却する際、仲介業者の手を借りずに個人対個人で済ませることも不可能とは言いませんが、税金や法律、登記などさまざまな知識もなく取り引きするわけですから、法的、金銭的なトラブルが生じたときも自分で対応するしかありません。

    不動産の取引というのは事前調査のもとで複雑な契約内容となるのが普通ですから、不足があればどんなに小さなことでも金銭面や法律上のトラブルに巻き込まれることがあります。

    ノウハウを持つ専門家に委託するのが最もストレスフリーで安全な方法でしょう。

    誰もが負担しなければならない消費税は、住宅の売買でも当然かかりますが、土地というのは消費税の課税対象ではないので、例えば物件価格3000万円なら消費税240万ではなく、建物代にのみ消費税がかかります。

    大事なことですが、基本的に売主が個人なら建物にかかる消費税も非課税となります。

    しかし個人の所有であろうと店舗や事務所、アパートやマンションのような収益物件なら、非課税扱いとはなりませんから、留意しておく必要があります。

    建築済みの新築や中古の一戸建て、もしくはマンションなどこれから売る予定の住宅のありのままを見学できるオープンハウスの人気は高いです。

    立地や周辺環境もわかりますから、住宅を売却する際はオープンハウスにして購入希望者に実物をよく見てもらうというのもアリだと思います。

    家に住みながら売却する際は、オープンハウスの日程にあわせて外出とか外泊することも考えられますが、売り手が生活感が出ている家を気恥ずかしく思うのとは裏腹に、買手のほうは現実感をもって見ることができる点がありがたいです。

    普通、不動産査定で行われる査定方法は一つではありません。

    「訪問査定」と「机上価格査定」を使い分け、査定額を決定しています。

    訪問査定は、そのまま会社が現物の物件を見て査定することで、直接見る分だけ査定の精度が高くなります。

    現地には赴かず、提供された物件の各種データを参考にして査定額を割り出すことを、机上価格査定といいます。

    ここで参考にされるデータには、築年数や間取り、周辺地域での相場、類似物件の販売経験などにより査定され、参考価格を決定します。

    机上価格査定では訪問査定で算出される査定額ほどの厳密性は出せませんが、ある程度の参考になるでしょう。

    物件が売れるまで待つのか、それとも、先にやってしまうのか、一戸建てに住んでいても、マンションに住んでいても、引越しを行うタイミングの良し悪しはどちらも一長一短だといえます。

    物件の売却が終わった後なら、売却資金が手に入るため、新居探し時の資金になって、お金の心配をしすぎて早とちりしてしまうリスクを抑えられます。

    ただ、新居が売却時に未決定だとしたら、一時的な仮住まいを急きょ探し、さらに新居に引っ越すことになり、ニ度手間となります。

    仮住まいや引越しといったことを面倒と感じる場合には先に引越しですが、売却前の段階で新居契約時の資金を集めておかなくてはいけません。

    何らかの事情があり不動産の売却を急いでいる時は、よくとられる手段としては次の二つが挙げられます。

    不動産会社に買取制度があればそれを利用して仲介なしに買取してもらう方法、もう一つは人目に止まるよう売り出し価格を下げて早々に売り切るという選択肢です。

    どちらにせよ、売却額は平均をかなり下回ると思って良いでしょう。

    新居購入に際して組む住宅ローンでは、貸し付けの開始は建物が出来上がってからというのが基本的な場合です。

    つまり、注文住宅購入から建築が終わるまでの間に、例えば工事の着工金など必要な費用があればローンを当てにせずに間に合わせなければならないのです。

    その前の住宅を売却していて資金が手元にあるなら大丈夫ですが、売却成立前では間に合いません。

    つなぎ融資はそうしたケースに対応すべく短期の貸し付けを行います。

    さて、不動産売買で作成する契約書は課税文書に当たりますので、印紙を貼り付けなければいけません。

    不動産がいくらで売れたかで印紙代の段階は異なるので、売価次第で数十万円に上ることもあります。

    その上、売主と買主の双方で契約書が作成された場合には、いずれも印紙代を負担しなければなりません。

    ですが、この場合は印紙代が決定する金額別の段階が先ほどとは違うため、十分に確認する必要があります。

    利益が生じた不動産売却については、譲渡所得税を納付しなければならないかもしれません。

    売却した不動産を所有していた期間が5年を超えるならば、譲渡所得税は15%の所得税と5%の住民税が納付を求められます。

    5年以下という短期の所有期間ならば倍の税率で課せられます。

    支払いはいつ行うかというと、売却が行われた翌年2月16日から3月15日までの間に所得税を一括で納付し、住民税は4期に分かれているので4回に分けて支払ってください。