トップページ > 岡山県

    このページでは岡山県の分譲マンションの査定におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「岡山県にある分譲マンションの査定額を比較できるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    分譲マンションの査定をお願いしてあなたが所有しているマンションを高く売るために大切なことは、「岡山県にある複数の不動産会社に分譲マンションの査定の依頼をして、その査定額を比較する」ということです。
    手間や時間がかかるからといって、1社のみに査定の依頼をしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、不動産業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    一方で、不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいシンプルですし、岡山県にある複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができます。あなたが所有している分譲マンションを高く売りたいと思っているなら賢く活用したいサイトです。
    分譲マンションの査定から売却というのは人生の大きなイベントなので、岡山県にある分譲マンションを損しないように高く売却して、そのお金を今後の生活で有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるように分譲マンション専門のマンション売却の一括査定サービス。
    分譲マンションを査定する為に必要な入力も最短45秒で済みますし、ネットで一括査定の申し込みが出来ます。

    分譲マンション査定を専門的に取り扱っているので、マンションの売却に強い会社が参加しており、大手や地場の不動産会社を含む全国の2500店舗の中から最も適した不動産会社を最大9社紹介してもらえます。
    年間利用者数も360万人を突破していて、テレビや各種メディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「今所有している分譲マンションを可能な限り高く売りたい」と思っている場合は試してみて欲しいサイトです。

    また、他の査定サイトとの違いとして賃貸査定にも対応しているので、「長期間地方で生活するんだけど、将来的には帰ってくるのでマンションを売却するのはちょっと…」と思っている場合にもおすすめしたいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトと比べてみるとわりと新しいサービスなのですが、加盟している不動産会社は全国1400社以上というところが大きな特徴です。
    また、実際に使った利用者の方からクレームが多い不動産会社はイエウールから契約解除が出来るようになっているので、評判の悪い企業を排除することが出来、評価の高い不動産会社だけを残していけるシステムになっています。

    国内大手の不動産会社から地域に根付いた不動産会社まで幅広く加入しているので、「自分が所有している分譲マンションを少しでも高く売りたい…」と考えているのならおすすめしたい一括査定サイトです。

    入力も60秒ほどで査定依頼ができるほど簡単になっていて、最大6社までを選択し分譲マンションの査定価格を比べることができます。もちろん、全国に対応しており利用は無料です。とても画期的なサービスなので、これからさらにユーザーが増えていくと思われます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上の運営実績があり、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。
    長年の業績がある為、参加している不動産会社数も1000社以上!最大6社に分譲マンションの査定依頼ができ、査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。数年にわたる不動産売却で培われたネットワークを活かし、選ばれた高評価の不動産会社のみを登録しています。主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社からの査定価格も比べられるので分譲マンションの査定相場を知るためにも活用したいサイトです。

    公式ホームページでは実際に分譲マンションの売却で高く売ることができた利用者の声と査定金額も公開されていますので是非ご覧になってみてください。






    スマイスター

     スマイスターは、サービスを開始してから12年運営されている実績のある不動産の査定サービスサイト。
    個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得している企業なので安心して利用できます。

    利用者数は既に440万人を超えており、参加している1400社以上の不動産会社の中から最大6社に分譲マンションの査定を依頼することができます。
    「分譲マンションの売却は各不動産会社で数百万円の差が出るって聞いたから損をするのは避けたい」と考えているのであれば、1社だけで済まさず数多くの不動産会社に分譲マンションの査定を依頼することができる一括査定サービスを活用してください。

    公式サイトでは45秒ほどの簡単入力で複数の不動産会社から提示される分譲マンションの査定額を比較できるのでおすすめです。
    スマイスターを利用して不動産会社と契約したのちには、電話取材に対応すると5千円分のギフトカードが貰えるキャンペーンも実施されています。






    スモーラ

     スモーラは、全国にある分譲マンションや一戸建て、土地の相場がすぐに調べられる分譲マンション売却の一括査定サイト。
    分譲マンションの今の売出価格を過去の膨大な事例から特別な計算方法で割り出します。

    提携している不動産業者は日本全国から評判のいい2500店舗を厳選し、最大9社(売買6社と賃貸3社)から分譲マンションの査定価格を提示してもらえます。当然、地方にも対応していて利用料は完全無料。

    分譲マンションの無料査定を申し込む方法もシンプルで、査定をお願いしたい分譲マンションの情報と連絡先を入力するだけの45秒簡単査定なので、「生活スタイルが変わって分譲マンションの売却を検討してるけど、どの不動産会社がいいのか正直分からない…」と感じているならぜひ使ってみてください。
    スモーラ(smoola)の公式サイトでは、実際に分譲マンションの売却に成功した「この金額で売れました!」という事例が掲載されていますので、軽く確認してみてはいかがでしょうか。






    不動産売却コラム

    居宅を処分する際には、売主側が基本的なコツを抑えておくと家の価値があがると言われています。

    違いがもっとも出るのは修繕作業でしょう。

    築浅の物件でも浴室、洗面、台所などは使用感が出やすい部分です。

    経年以上に古い印象を与えないよう修繕は必須でしょう。

    修繕の傍らしておきたいのが清掃です。

    日常的に使用する場所はもちろん、使わない部分もピンポイントでどんどん掃除して清潔感のある明るい家を目指しましょう。

    こういった工夫の積み重ねが買い手にアピールする力は意外と高いのです。

    家の売買には権利書が必要ですが、もし失くしたら具体的にはどのようになるのでしょうか。

    本来は権利書なしに売却不能ですし、書類を再度発行してもらうこと事体、不可能です。

    しかし対応策が全くないというわけではありません。

    物件の登記簿上の所有者が司法書士と面談し、『本人確認情報』という書類を作成してもらうのです。

    共有名義の場合は全員分揃わなければ売ることができません。

    時間がかかるのもさることながら、費用も数万からかかりますので、権利証は失くさないよう注意してください。

    確定申告は国民の義務であり、年間所得と控除から納めるべき税金を申告するものです。

    会社に雇用されていて源泉徴収で納税している人などは、所得税の過不足をここで確定します。

    確定申告で所得とされるのは給与や配当以外に、住宅売却で得た利益も申告する必要があります。

    長期(5年超)所有していた不動産の場合ですら、15%の所得税、5%の住民税がかかりますので、大きな出費となります。

    後悔のない不動産仲介業者の選び方としては、ネットの一括査定サイトを使います。

    返事がきた複数の業者の中から、納得できる査定額をくれた業者に現地まで来てもらって、実際に査定してもらいましょう。

    見積価格の根拠や相場など、疑問点を問いかけた時に、はっきりと応えてくれる業者であれば信頼できるでしょう。

    どれだけ査定額が高くても、受け答えに誠実さを感じられなかったり、何度も契約を迫ってくるところはおススメできません。

    一戸建てを売る時は色々トラブルがありますが、その中でもよくあるのは、自分が選んだ不動産業者と専任媒介の契約を結んだにも関わらず、関係ないところで買い手と巡りあって、不動産業者への相談なしに売却の契約をするといったことです。

    この場合は、専任媒介契約をしていた業者に広告に使った費用、そして、契約が決まったら払うはずだった手数料と同じくらいの違約金を払わないといけないでしょう。

    契約の種類が一般媒介の方だった場合だと自ら購入者をみつけて契約しても、違約金を請求されることはないのです。

    でも、専任媒介で契約する場合よりも、後回しにされがちな印象があります。

    売りたい価格よりも値段が下がってしまうことが一戸建てのケースにはあります。

    例えば古い物件では、更地するために建物を解体するか、解体にかかる費用を価格から引きたいと、交渉されてしまうことがあります。

    他にも、デザイナーズ物件といわれるこだわりの強い建物はこだわりゆえに、建てる費用は高くなりがちですが、売却時には特殊な建築にニーズが少ないため、残念ながら市場価格より低い価格設定になってしまうことがあります。

    なんといっても、内覧が不動産物件の売却の際には、買うかどうかを決める判断材料になっていることは否めません。

    内覧を成功させるためには売り手側が購入を検討しているつもりになって、物件の印象を確かめることなのです。

    よほどの変わり者でない限り、買い手というのは、明るくて広く、清潔感のある住み心地の良さそうな物件というのはいうまでもないことでしょう。

    ほしいと思ってもらえる物件にするためにも、清掃業者レベルの掃除を行った上で、いらないものを捨てるなど、可能な限りのことをしておいてください。

    一軒家などを売却するケースでは、買手が境界確認書を求めてくることもあるでしょう。

    その時の対応としては、専門職である土地家屋調査士による土地境界確定測量を土地の権利者の立ち会いで実施し、きちんと面積を確定してから、書類を作ります。

    なぜこの書類がいることがあるのかといえば、どこまでが購入する予定の土地なのか境目がはっきりしないケースで、売地の面積を明確にしてから売値を決めるためというのもありますし、将来、接している土地の権利者と境界線のことで問題になるのを防ぐためです。

    普通では気付けないような欠陥を買い手側が購入後に発見した場合は、売り手側が瑕疵担保責任を負うので、求めに応じてその修繕を行う必要があります。

    売り手側が不動産会社の取り引きでは、適用期間は短くとも2年間(2年間以上)と定めがあります。

    しかし、売り手と買い手が個人の場合の取り引きでは期間についての規定が特別ありません。

    全く期間が存在しないことも日常茶飯事です。