トップページ > 岐阜県 > 岐阜市

    このページでは岐阜市の分譲マンションの査定におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「岐阜市にある分譲マンションの査定額を比較できるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    分譲マンションの査定をお願いしてあなたが所有しているマンションを高く売るために大切なことは、「岐阜市対応の複数の不動産会社に分譲マンションの査定の依頼をして、その査定額を比較する」ということです。
    手間や時間がかかるからといって、1社のみに査定の依頼をしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、不動産業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    一方で、不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいシンプルですし、岐阜市に対応している複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができます。あなたが所有している分譲マンションを高く売りたいと思っているなら賢く活用したいサイトです。
    分譲マンションの査定から売却というのは人生の大きなイベントなので、岐阜市にある分譲マンションを損しないように高く売却して、そのお金を今後の生活で有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるように分譲マンション専門のマンション売却の一括査定サービス。
    分譲マンションを査定する為に必要な入力も最短45秒で済みますし、ネットで一括査定の申し込みが出来ます。

    分譲マンション査定を専門的に取り扱っているので、マンションの売却に強い会社が参加しており、大手や地場の不動産会社を含む全国の2500店舗の中から最も適した不動産会社を最大9社紹介してもらえます。
    年間利用者数も360万人を突破していて、テレビや各種メディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「今所有している分譲マンションを可能な限り高く売りたい」と思っている場合は試してみて欲しいサイトです。

    また、他の査定サイトとの違いとして賃貸査定にも対応しているので、「長期間地方で生活するんだけど、将来的には帰ってくるのでマンションを売却するのはちょっと…」と思っている場合にもおすすめしたいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトと比べてみるとわりと新しいサービスなのですが、加盟している不動産会社は全国1400社以上というところが大きな特徴です。
    また、実際に使った利用者の方からクレームが多い不動産会社はイエウールから契約解除が出来るようになっているので、評判の悪い企業を排除することが出来、評価の高い不動産会社だけを残していけるシステムになっています。

    国内大手の不動産会社から地域に根付いた不動産会社まで幅広く加入しているので、「自分が所有している分譲マンションを少しでも高く売りたい…」と考えているのならおすすめしたい一括査定サイトです。

    入力も60秒ほどで査定依頼ができるほど簡単になっていて、最大6社までを選択し分譲マンションの査定価格を比べることができます。もちろん、全国に対応しており利用は無料です。とても画期的なサービスなので、これからさらにユーザーが増えていくと思われます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上の運営実績があり、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。
    長年の業績がある為、参加している不動産会社数も1000社以上!最大6社に分譲マンションの査定依頼ができ、査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。数年にわたる不動産売却で培われたネットワークを活かし、選ばれた高評価の不動産会社のみを登録しています。主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社からの査定価格も比べられるので分譲マンションの査定相場を知るためにも活用したいサイトです。

    公式ホームページでは実際に分譲マンションの売却で高く売ることができた利用者の声と査定金額も公開されていますので是非ご覧になってみてください。






    スマイスター

     スマイスターは、サービスを開始してから12年運営されている実績のある不動産の査定サービスサイト。
    個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得している企業なので安心して利用できます。

    利用者数は既に440万人を超えており、参加している1400社以上の不動産会社の中から最大6社に分譲マンションの査定を依頼することができます。
    「分譲マンションの売却は各不動産会社で数百万円の差が出るって聞いたから損をするのは避けたい」と考えているのであれば、1社だけで済まさず数多くの不動産会社に分譲マンションの査定を依頼することができる一括査定サービスを活用してください。

    公式サイトでは45秒ほどの簡単入力で複数の不動産会社から提示される分譲マンションの査定額を比較できるのでおすすめです。
    スマイスターを利用して不動産会社と契約したのちには、電話取材に対応すると5千円分のギフトカードが貰えるキャンペーンも実施されています。






    スモーラ

     スモーラは、全国にある分譲マンションや一戸建て、土地の相場がすぐに調べられる分譲マンション売却の一括査定サイト。
    分譲マンションの今の売出価格を過去の膨大な事例から特別な計算方法で割り出します。

    提携している不動産業者は日本全国から評判のいい2500店舗を厳選し、最大9社(売買6社と賃貸3社)から分譲マンションの査定価格を提示してもらえます。当然、地方にも対応していて利用料は完全無料。

    分譲マンションの無料査定を申し込む方法もシンプルで、査定をお願いしたい分譲マンションの情報と連絡先を入力するだけの45秒簡単査定なので、「生活スタイルが変わって分譲マンションの売却を検討してるけど、どの不動産会社がいいのか正直分からない…」と感じているならぜひ使ってみてください。
    スモーラ(smoola)の公式サイトでは、実際に分譲マンションの売却に成功した「この金額で売れました!」という事例が掲載されていますので、軽く確認してみてはいかがでしょうか。






    不動産売却コラム

    あとで不満を残さないために、家の売買を安心して任せられる不動産業者を見つけましょう。

    専門家といっても得意不得意はありますから、あとになって相場より安く売ってしまったことに気づく例もあるのです。

    ウェブ上には多くの不動産会社に一気に査定を依頼可能なサイトが幾つかありますので、多くの会社に見積りを出してもらい、もっとも頼りになりそうな会社を選びましょう。

    建物や土地等の不動産に賦課される地方税を固定資産税と言い、場所によっては都市計画税も課税されます。

    誰でも不動産を所有していれば払わなければいけない税金で、毎年課税されます。

    「所有者」とは、1月1日の所有者と規定されており、仮に1月1日よりも前に買い主との売買契約を交わしていても1月1日の所有者がまだ旧所有者となっているときは、元の所有者(売り主)が納税しなくてはなりません。

    購入者が納税義務を負うのは所有権移転登記を済ませた翌年からということになります。

    不動産売買には権利証がつきものですが、もし失くしてしまったらどうなるのという質問は意外とよくあるものです。

    権利書、権利証、登記済証の類がない場合は、売買はできませんし、再発行も受け付けていないので注意が必要です。

    そのような状態で売却するには方法があります。

    司法書士さんと面談した上で、本人確認情報という書類を作成してもらうのです。

    共有名義の場合は全員分揃わなければ売ることができません。

    しかし日にちがかかる上、費用も3万から7万円くらい見ておかなければいけませんから、権利書(登記済証)の取扱いには注意しましょう。

    家を売却する場合、売却する家が戸建てでもマンションでも、引越しを行うタイミングの良し悪しはどちらも一長一短だといえます。

    物件の売却が終わった後なら、売却資金が手に入るため、新居探し時の資金になって、お金の心配をしすぎて早とちりしてしまうリスクを抑えられます。

    売却が決まったにもかかわらず、次の新居が未決定のままですと、仮住まいへの引越しに、新居への引越しとニ回引っ越す必要があります。

    先に引っ越す場合には引越しの手間を削減することが出来ますが、売却資金以外で新居契約の資金を集めておかなくてはいけません。

    不動産の任意売却について語られるときにはそのメリットのみがピックアップされがちです。

    でも、もちろんそんなうまい話はなく、しっかりとデメリットも存在しています。

    任意ということは当然、競売のような強制売却方式ではないということなので、どうしても手間がかかってしまいます。

    金融機関との話し合いや交渉、手続きは絶対にしなくてはいけないですし、購入を希望される方の内覧には立ち会わなくてはならず、結構な負担になってしまいます。

    さらに悪いことに、これほどまでに負担を強いられながらも、絶対に売れるとは限りません。

    住宅の耐用年数は、木造や木骨モルタル造の場合、税法において20年から22年で、最近の国土交通省の調査によると平均残存年(寿命)は30年弱です。

    このような客観的事実から、もし築30年かそれ以上経っている家を売る際には、家の方には値段がつかなかったり、もしついても5、60万円ほどと査定されるのは至極当然と言えるでしょう。

    売却可能な場合でも、家はゼロ円で地価相当額にしかならないと思われますので、最初から「土地」として売った方が良いかもしれません。

    もし不動産売却から利益が得られた場合は、ひょっとすると譲渡所得税の支払いが必要かもしれません。

    譲渡所得税は所有期間によって適用される税率が異なっており、5年間を超える場合は所得税と住民税がそれぞれ15%と5%の割合で計算されます。

    5年以下の場合は、短期の所有で2倍の税率で納めます。

    納付のタイミングは、所得税が売却をした翌年の2月16日から3月15日までの間に一括納付、住民税は4期に分かれているので4回に分けて支払ってください。

    所有していた不動産物件の売却価格が3000万円を下回ったケースでは、所得税、さらに、住民税の課税対象から除外してもらえる特例が適用されるでしょう。

    この特例は、不動産物件を売った時の価格から3000万円が特別控除になるというものです。

    また、もし、買い換えで売却価格が安すぎて売却損が出たら、総所得を合わせて計算し、損益通算が適用できるので、利用しない手はないでしょう。

    でも、この場合、適用条件として売却物件を5年を超えて所有していたこと、それに、新しく契約した住宅ローンの支払期間が10年以上のケースです。

    一般的には、不動産物件の売買をする際の支払いは、手付金、中間金、最終金の三段階に分けて入金されることが主流になっています。

    手付金を支払ったら、その後、一ヶ月ほど間を開けて中間金、それから、三ヶ月くらい過ぎたら最終金が支払われるはずです。

    ただ、総額のうちの大部分は最終金として入金されることになります。

    手付金だけは現金で渡されることもあるかもしれませんが、後のトラブル防止の意味合いもあって、売却主が指定した銀行の口座へ全て入金する事例が多いです。